最新登録店舗

カテゴリ:


陀羅尼八幡神社
店舗名
陀羅尼八幡神社
住所
新潟県上越市北本町2丁目1番11号
TEL
025-523-6408
pick up!
越後國総社・初宮詣・七五三詣・厄除・地鎮祭等 諸祈願承わります。
早馬神社
店舗名
早馬神社
住所
宮城県気仙沼市唐桑町宿浦75
TEL
0226-32-2321
ホームページURL
http://hayama.jinja.jp
pick up!
馬とご縁の深い神社。
店舗詳細

1217年(建保5年)鎌倉武将、梶原景時の兄である梶原景實(かげざね)により創建。
森は海の恋人で有名な気仙沼市唐桑地区の早馬山頂に本殿が、宿浦湾の入り江に拝殿(里宮)が鎮座している。
安産、健脚必勝、交通安全の御神徳があり、特に午年生まれや馬好き、競馬関係者に厚く信仰されている。
東日本大震災の大津波では15mの津波が拝殿(里宮)を襲ったが流失をまのがれた。境内には津波到達点を記した石碑が建てられいる。
被災体験と被災地の現状と課題について神職が語り部として講話をしている。

関連ブログ記事
■唐桑半島に由緒ある早馬神社は慶長津波を伝えてあった(2014.10.24)

気仙沼市唐桑の宿浦を訪れた。遠野物語で有名な民俗学者の柳田國男氏が明治三陸大津波後訪れた場所でもある。宿浦に一泊、そして大島に一泊しているそうだ。
そんな宿浦に12mの高台に早馬神社があった。周辺は津波に呑まれ、家屋の基礎と生い茂った雑草が空しい。
3神社の説明看板を見てびっくりした。「ジェジェジェ」である。その年のNHK朝ドラあまちゃんの驚きの表現である。

神職さんから聞くには、神社は約400年前にこの宿浦と移ったという。津波がそうさせたという。400年前(1611年)の慶長地震津波を伝えていたのだった。どうも唐桑半島の海洋側が被害が大きかったらしい。震源は北海道沖ではないかという推察がある。であれば、被害が気仙沼湾内より、半島外洋側の地域の被害が大きかったことに納得できる。慶長の津波を伝えてあったことに驚く。

宿浦の高台12mにある神社に15mの津波が押し寄せた場所である。境内に車が突っ込んだ写真パネルを表示してあった。宿浦で唯一残ったのがこの神社であった。そして、明治津波で被害がなかった家屋の人々が避難行動をとらず亡くなったという。過去の津波で被害があった家屋の人々は全員逃げたという。

人命が助かる津波防災は、津波の正しい継続した伝承と津波に強い人造りに係っていると思うこの頃です。

>>> 早馬神社の公式ホームページはこちらから

皇大神社
店舗名
皇大神社
住所
兵庫県尼崎市常光寺1-18-10
TEL
06-6481-6170
ホームページURL
http://www.koutaijinja.com
pick up!
天平元年勧請・元禄13年造営の社殿 お宮参り・七五三・地鎮祭他
店舗詳細

【ご由緒】本殿棟札によると、天長元年空海上人が浄光寺創設の折に勧請したと記されている。
正平年中、佐々木判官秀詮がこの地に浄光寺城を築き、その後天正7年、織田信長が伊丹城主荒木村重を攻略した際、城と共に城の守護神である当社も焼失した。のちの元禄13年、村人達が合議の上代官の助力を得て社殿を造営。現在の本殿並びに北の鳥居は当時のもので、300年を経る。昭和3年、昭和の御大典を記念して拝殿、弊殿、本殿の覆殿を造営、昭和46年には明治百年を記念して全社殿の大屋根を改修。平成21年には、地盤沈下などによる社殿の歪みを修復するため基礎改修工事が行われ、現在に至る。末社には稲荷社他、天満宮、愛宕大神、弁財天を祀る。また、境内には幼稚園が併設され、樹木は市の保護樹林に指定されている。

【ご祭神】天照大神・応神天皇

【ご祈祷・祭典】お宮参り・七五三・厄除け・車祓い・地鎮祭・清祓・井戸祓など各種ご祈祷・祭典を受付しております。また、潮江素盞嗚神社・長州貴布禰神社・西川八幡神社・神崎須佐男神社・伊邪那岐神社・高田素盞嗚神社・額田白井神社・善法寺白井神社・大門嚴島神社・長州天満神社・金楽寺吉備彦神社も当社宮司が兼務していますので、ご祈祷・出張祭典などのお問合せは皇大神社までお寄せください。詳しくは、当社ホームページをご覧ください。